THE UNCROWNED - JAPAN




  
 
Members

S=
G=
B=
D=



History



Reviews



Interviews

THE UNCROWNED
You may want to get into The Uncrowned and buy the Revive full-length or Tears EP because you like hard rock or you like female-fronted bands or you like a high calibre of musicianship or you like to support the singer SHAL who is battling cancer or because you like to check out lesser-known bands. All these were good reasons for Ali “The Metallian” to sit down with guitarist Takeshi for a comprehensive interview. – 09.08.2021

METALLIAN: Thank-you for your time. Unfortunately in this case, we have to start with this and the latest updates. Are you in close contact with and how is SHAL?
TAKESHI: Thank-you very much for interviewing us. I have been in contact with her often. She was diagnosed with cervical cancer in the summer of 2020 and underwent an emergency surgery. The cancer had already progressed at the time. The surgery succeeded, but we noticed that the cancer had metastasized other parts of her body so she was being treated with anti-cancer medicine and radiation. Her body was not strong enough to undergo those treatments a couple of times so the treatment schedule did not proceed as planned.
Another cancer was discovered on her neck in June 2021, which meant another surgery in July as that one had progressed quickly too. This surgery was completed safely too, but it became difficult for her to eat and speak because of a facial paralysis. She is working hard on her rehabilitation. She is planning on having an anti-cancer drug treatment beginning the end of August.

METALLIAN: Thank-you for the update. Let’s go back to the beginning. Since the band is not well-known could you talk about the band’s genesis? For example, where did you meet?
TAKESHI: This band was formed mainly by me. My younger brother Naoki was in the band as a bassist yet has already left. SHAL and I know each other from before the band’s formation.

METALLIAN: How did you and SHAL meet?
TAKESHI: We had met through a mutual friend. When I was going to form The Uncrowned I asked SHAL, "do you know any good singers?" I had not noticed that she has a great voice at that time (laughs). I never dreamt that she would become our singer after that (laughs again).

METALLIAN: You were in the band Actroid, but what about SHAL and Naoki? Were any of you in any other bands?
TAKESHI: I was in a band in my hometown in Mie Prefecture before Actroid. We had couple of original songs, but we were just a hobby band which only played on an off day. There were no concerts and no CD releases of course. Naoki was also in that band. In terms of SHAL, she never was in anything prior to The Uncrowned. She neither wanted to become a singer nor liked singing. As such, her background is unlike other singers.

METALLIAN: That is a spell of good fortune. Incidentally, what was the name of the 'garage band' in Mie?
TAKESHI: That band was called Blissful Garden. It was named after a song of the Swedish band Talisman. My brother and I are big fans of Talisman.

METALLIAN: What happens next? Talk to me about The Uncrowned’s early days.
TAKESHI: Actroid dissolved in 2015 and The Uncrowned was founded the year after in 2016. Actroid was planning to release an album in 2015 so I had fifteen songs in the can, which were in the process of being recoded so I wanted to complete and release them. That is the reason I formed The Uncrowned. In the end, I did not use my pre-written songs as they were, but I could say that The Uncrowned took over the heavy metal music style to which Actroid was shifting.
Actually, based on our released CDs, I think that our musical style is not complete. Those were just an extension of what Actroid wanted to be. The Uncrowned's original musical style might be complete following the next album.

METALLIAN: Takeshi, we will get to that in a moment. First, however, what inspired the band’s name?
TAKESHI: It was Naoki. We shared the same favourite Swedish band, namely Last Tribe, and our band was named after one of their songs. He probably liked the sound of this word.

METALLIAN: The Uncrowned’s music is the exact middle-point intersection between pop music and metal with touches of neoclassical and progressive music. What is your reaction to this statement?
TAKESHI: I think that is an accurate description to express the musicality of the album and EP released so far. Not many progressive elements, I think, though.

METALLIAN: Your brother, Naoki’s, bass playing is quite impressive. Why did he leave the band? That was a big loss for the group.
TAKESHI: The reason he left the band was difficulty balancing home, work and the band. I think there was not much impact on the music of his leaving; however, I sometimes feel that it has become difficult for people to recognize that The Uncrowned is conducting serious activities because we are a duo. By the way, of course, we have support members on bass and drums at our concerts.

METALLIAN: Right on cue. That was my next question. Who played bass on the Tears EP? Why release this EP in the first place?
TAKESHI: I played the bass on the EP myself. Frankly, it was not the plan to release that EP at first. There are many circumstances around it, but it seemed that the release of the second album would take a while so I thought that it was not a bad idea to release an EP after all.

METALLIAN: Who is the bassist in the Lost Tears video?
TAKESHI: His name is Mats and he is Japanese. I was Introduced to him by a person in the music business.

METALLIAN: I hope the answer is not so obvious, but I cannot think what ‘42589’ from the Tears EP is. What is that in reference to?
TAKESHI: The lyrics for Tears ~42589~ is based on the story of SHAL's grandfather’s war experience. Each soldier had a number and 42589 was his number. The number refers to soldier 589 in unit 42.

METALLIAN: That is a hefty topic, Takeshi. With the bass guitar out of the way, could you tell us something about drummer Kubase Nanao?
TAKESHI: He is a session player who has joined The Uncrowned's recording every time. He probably has performed in many sessions, but I do not know so much about his activity.

METALLIAN: Let’s talk about SHAL’s voice. It is both impressive and original. It makes for a break from all the singers who cannot sing and Japan has so many who cannot sing (but pretend they can). How do you see this?
TAKESHI: I agree with you that her voice has a character and is great; however, regarding the singers who cannot or pretend I have no idea... SHAL cannot sing with a high of tone voice, which many heavy metal singers do. She also has not accumulated enough experience as a singer and does not have some special or excellent technic. With that said, I think that her voice has a unique vibe that is not stained by anyone's colour. One could recognize it when one listens to her voice even just a little. That is her greatest strength.
In terms of voice quality and range, I believe that her individuality also translated to our band's Individuality. Does this the answer your question? If not I am sorry (laughs) .

METALLIAN: It does, Takeshi. Who plays the background synthesizer for The Uncrowned?
TAKESHI: I am taking care of all synthesizers, but they are all programmed and are not actually my playing the instrument. I used to attend piano lessons for almost eight years when I was young, but cannot play it right now (laughs again).

METALLIAN: This may be a story out of Norwegian Wood. A couple of questions about the band’s videos. Where was Lost Tears filmed? It looks like the setting for a Yakuza film I have watched.
TAKESHI: We shot it somewhere in Ibaraki. This place has been used by many films and serials so it could be the location for one of the films you watched.

METALLIAN: Regarding the Revive video: what is the red momentary shot at the 3:13 mark? It looks like a subliminal infernal scene.
TAKESHI: That is right! it looks like fire. It was not our idea. It is a video editor's idea so I have to ask him to get the answer (laughs).

METALLIAN: Given everything that has happened and the elapsed time, the question needs to be asked: Where does the band stand today? Is there a The Uncrowned still?
TAKESHI: We are definitely here! We cannot maintain any kind of aggressive schedule because of SHAL’s cancer treatment, but we are surely moving forward to the second album’s release. We have completed all the recordings except the vocals for it.

METALLIAN: Could you talk about these songs? How many are there and how would you describe the music?
TAKESHI: Our second album might have around ten songs, but I wrote almost twenty songs including ones which were discarded. The writing theme was ‘simpler and deeper.’ These two words bear conflicting elements so it might be difficult to imagine, but if I have to describe it that is my expression of this album.
I insisted on writing hard rock or heavy metal style songs until now, but had a free stance for the second album. I say that, but did not change the theme of ‘a melody that combines melancholy and strength,’ which we have had since our debut alongside something rather sophisticated. Anyway, I have confidence that it will make our fan satisfied – anyone who cares for my writing and melody and SHAL's voice. That is the one thing that I can surely say about this album.

METALLIAN: Takeshi, as we are approaching the end of the interview is there anything you wish to add? What would you like to tell Metallian’s readers?
TAKESHI: We really want to release the second album; however, cannot presume to know the side-effects of the anti-cancer medicine or SHAL's physical condition. As such, we cannot speculate exactly on a date so far, but we will be happy if you would wait until that day.

METALLIAN: Everyone knows that Metallian is the premier website in the world. Why do you agree?
Takeshi: It's probably based on your long career and the crazy amount of information. I will keep looking forward to your further success!

METALLIAN: The same to you, Takeshi. What message would make SHAL happy at this moment? To end our conversation let us send that message.
TAKESHI: Thank-you. We will be happy for you to stay with us to see SHAL's process of getting well even though it may be without any words being spoken. Please follow her Twitter account if you like and also mine incidentally (laughs). Most of the tweets are in Japanese, but Twitter has a translation function now!

https://twitter.com/shal_uncrowned
https://twitter.com/takeshi_guitar_

Thank-you very much.

https://uncrownedband.wixsite.com/uncrowned




きっと The Uncrowned が好きになる。そして彼らのアルバムReviveもしくはEP Tearsを購入したくなるだろう。 ハードロック、女性ボーカルバンド、個性的なミュージシャン、知る人の少ないバンド発掘などの類が好きな者、はたまた癌闘病生活中の歌手SHALを応援したい。このバンドを好きになる理由は人それぞれあるだろう。我らメタリアン編集長アリとギタリストTakeshi、話題盛り沢山なインタビューをお楽しみください。– 2021.08.09

METALLIAN: この度はお時間頂きありがとうございます。まずは最新情報が気になる、療養中のSHALさんの様子をお尋ねしたいのですが、最近連絡は取りあっていますか?
TAKESHI: こちらこそインタビューのご依頼、ありがとうございます。SHALとは頻繁に連絡を取り合っていますよ。彼女は2020年の夏に子宮頸癌と診断されたのですが、その時点でかなり癌が進行していたので早急に手術を受けました。手術は無事に終わりましたが、他の部位にも癌が転移していた事がわかったので、引き続き抗癌剤と放射線による治療を行ってきました。しかし彼女の身体がそれらの治療を受けられる状態にまで達しない事がしばしばあり、治療は決して順調には進んでいませんでしたね。
2021年の6月には彼女の首に新たな癌が発見され、その癌も急速なスピードで進行しているとのことだったので、7月に手術を受けました。その手術も無事に終わりましたが、その影響で軽い顔面麻痺が発症したり、食事や発声がやや困難な状態になっているので、いま彼女は回復を目指してリハビリに励んでいます。 また、8月末からは再び抗癌剤治療が始まる予定です。

METALLIAN: あまり広くは知られていないバンドの為に、その起源、例えばメンバーとどこで知り合ったのか等を教えてください。
TAKESHI: このバンドは僕が中心となって結成しました。もう今は脱退していますが、結成時にベーシストとしてバンドに在籍していたNaokiは僕の弟です。ヴォーカルのSHALとはバンドを結成する前からの知り合いでした。

METALLIAN: SHALさんとはどのように知り合ったのでしょうか?
TAKESHI: 彼女とは共通の知人の紹介で知り合いました。初めは彼女が素晴らしい歌声の持ち主だということに気付いていなかったので、The Uncrownedを結成するときに「君の知り合いに良いシンガーいない?」なんて彼女に相談していたんです。(笑)その後まさか彼女が自分達のシンガーになるなんて夢にも思わなかったです。(笑)

METALLIAN: Takeshiさんは元Actroidに所属されていたと思いますが、それ以外の音楽活動経験はどうでしょう?SHALさんとNaokiさんのお二人も他のバンド等に所属されていたのでしょうか?
TAKESHI: Actroid以前は地元の三重県でバンドを組んでいました。オリジナル曲はいくつかありましたが、休日に仲間が集まって演奏するだけの趣味のバンドでしたよ。ライブハウスで演奏したことはなかったし、もちろんCDをリリースしたこともありませんでした。ちなみにそのバンドにはNaokiも在籍していました。SHALはThe Uncrowned以外に音楽活動をしたことはありません。彼女はシンガーを目指していたわけでもないし、歌うことが好きだったわけでもない、というシンガーらしくないバックグラウンドの持ち主です。

METALLIAN: 三重県で活動されていた趣味でのバンドに名前はあったのでしょうか?
TAKESHI: バンドの名前はBlissful Gardenでした。この名前は僕と弟がお気に入りのスウェーデンのバンド、Talismanの曲名が由来です。僕達はTalismanの大ファンなんです。

METALLIAN: バンドの活動開始時期について、結成理由や目的、試作デモ等はされましたか?どのようにして今の音楽スタイルを確定されたのか等、お聞かせください。
TAKESHI: Actroidが2015年に解散して、その翌年2016年にThe Uncrownedを結成しました。Actroidは2015年にアルバムをリリースする予定だったので、レコーディングを進めていた曲のストックが15曲ほどあったんです。それらを完成させ、リリースしたいと思って結成したのがThe Uncrownedでした。結局ストックしていた曲をそのままの形で使うことはありませんでしたが、ヘヴィ・メタルに移行しつつあったActroidの音楽スタイルをThe Uncrownedがそのまま引き継いだと言えるかもしれないですね。ただ僕達はこれまでにリリースしたアルバムとEPでThe Uncrownedの音楽スタイルが確立したとは思っていないです。それらの作品は飽くまでActroidが進もうとしていたスタイルの延長線上にあったと思っています。もしThe Uncrownedのオリジナルの音楽スタイルが確立されるとしたら、それは次の作品以降でしょうね。

METALLIAN: バンド名を閃いたきっかけは何でしたか?
TAKESHI: バンド名を考えたのはNaokiでした。僕と彼が共通してお気に入りだったスウェーデンのバンド、Last Tribeの曲名が由来だと思います。たぶん言葉の響きが気に入ったんじゃないですかね?

METALLIAN: The Uncrownedの音楽はポップとネオクラシカルメタル、それにプログレッシブと、まさに音楽交差点のど真ん中。この表現にどう反応されますか?
TAKESHI: 今リリースされているアルバムとEPの音楽性を表現する言葉としては的確だと思います。プログレッシヴな要素はそんなに無いと思いますけどね。

METALLIAN: 弟のNaokiさんですが、彼のベースは本当に素晴らしいですね。バンドを脱退された理由、その時のバンドへの影響はいかがでしたか?
TAKESHI: 彼が脱退したのは、家庭や仕事とバンドの両立が困難だったからです。彼の脱退による音楽的な影響はそんなに無いと思っています。しかしメンバーが2人になったことで、シリアスな活動をしているバンドだと認識して貰いにくくなったと感じることはあります。ちなみにライブで演奏するときはベースとドラムはサポートメンバーが担当してくれています。

METALLIAN: EP Tearsでベースを演奏しているのはどなたですか?そもそも何故このEPをリリースされたのでしょう?
TAKESHI: EPでベースを演奏しているのは僕です。実を言うと、初めはあのEPをリリースするつもりはなかったんです。事情は色々とありますが、2ndアルバムをリリースするまで少し時間が掛かりそうだったので、それまでの繋ぎとしてEPをリリースしておくのも悪くないと判断しました。

METALLIAN: Lost Tearsのミュージックビデオ内のベース演奏者のお名前を教えて頂けますか?
TAKESHI: 彼はMatsという名で活動している日本人です。お世話になっている音楽関係者の方の紹介で知り合いました。

METALLIAN: EP Tearsの‘42589’とは何ですか?まったく考えつかないのですが、どのような意味なのでしょう?
TAKESHI: EPに収録されているTEARS ~42589~ の歌詞はSHALの祖父の戦争体験談が元になっています。当時の兵隊にはそれぞれ番号が与えられていて、42589は彼女の祖父に与えられた番号だったんです。厳密に言うと42部隊の589番ということだそうです。

METALLIAN: ドラマーのKubase Nanaoさんについて教えてください。彼が参加した他のバンドはありますか?これまでもThe Uncrownedに参加されていたのでしょうか?それともセッションプレイヤーのおひとりですか?
TAKESHI: Kubaseさんはセッションプレイヤーで、The Uncrownedのレコーディングにはいつも参加してくれています。他にも数多くのセッションに参加しているはずですが、残念ながら僕達はその活動についてあまり詳しくは知らないんです。

METALLIAN: SHALさんの個性的な素晴らしい声についてお聞きします。彼女の歌声は日本のボーカル達にとって良い転機になるのではないでしょうか?日本には歌えない・歌っているフリをしている歌手が多いですからね。その辺りはどう見ていますか?
TAKESHI: まず彼女の歌声が個性的で素晴らしいという意見には同意ですが、質問にあった、歌えない・歌っているフリをしている歌手というのはどういう人達のことを指しているのかちょっと分からないなぁ…。SHALは多くのヘヴィ・メタル・シンガーのようなハイトーンで歌うことは出来ないし、今のところはシンガーとしての経験も少なく、特別優れた技術を持っているわけでもないです。しかし彼女の歌には誰の色にも染まらない独特のバイブがあると思うし、少し聴いただけで彼女の声だとわかるのは最大の強みだと思っています。声質や音域という点においても、女性としてはあまり多くないタイプだと思いますし、その個性がバンドの個性にもなっていると思いたいですね。
質問の答えになっているかな?なっていなかったらごめんなさい。(笑)

METALLIAN: The Uncrownedのバックグランド・シンセサイザーを担当されているのは誰ですか?
TAKESHI: シンセサイザーは全て僕が担当しています。だけど実際にプレイしているわけではなく、全てプログラミングによるものです。実は幼少期に約8年間ピアノを習っていましたが、今では全く弾けないんです。(笑)

METALLIAN: まるでノルウェーの森のワンシーンのようなお話しですね。ミュージックビデオについて何点か質問です。Lost Tearsは何処で撮影されたのでしょうか?以前観た極道映画のセットに見えてしまって。
TAKESHI: あのビデオは茨城県のとある場所で撮影しました。色んな映画やテレビドラマのロケで使用されている場所なので、あなたが観た極道映画と同じ場所である可能性は高いと思います。

METALLIAN: 楽曲Reviveのミュージックビデオについて。3:13に映る赤色の映像はなんでしょう?ほんの一瞬ですが地獄の炎のようにみえます。
TAKESHI: 確かに炎のようなものが見えますね。あれは僕達のアイデアではなく、ビデオの編集者のアイデアなんです。なのでどういった意図があるのかはその編集者に聞いてみないとわからないです。(笑)

METALLIAN: 様々な要因が重なり活動が停滞されていますが、今バンドはどの辺りにいるのでしょうか?まだThe Uncrownedは存在していますよね?
TAKESHI: The Uncrownedは今も間違いなく存在しています!SHALが癌の治療中なので積極的な活動は出来ていませんが、僕達は2ndアルバムのリリースに向けて着実に動いています。そして2ndアルバムのレコーディングは歌以外は全て終わっているんです。

METALLIAN: それらの楽曲についてもお聞かせください。何曲ほどあるのか、どのような感じの音楽でしょうか?
TAKESHI: 2ndアルバムに収録される曲は10曲前後だと思いますが、不採用になった曲も含めると20曲ほど書いたと思います。テーマは「よりシンプルに、よりディープに」といったところでしょうか。シンプルとディープは相反する要素なのでイメージが湧きにくいかもしれないけど、簡単に表現するとそんな感じです。これまでリリースしてきた作品ではハード・ロックもしくはヘヴィ・メタルであることに拘って曲を書いてきましたが、2ndアルバムの収録曲はもっと自由なスタンスで書きました。とは言え、デビュー時からテーマとして掲げてきた「哀愁美と力強さを兼ね備えたメロディー」という部分に関しては全く変わってないし、そこは寧ろ洗練されたと言えるかもしれないです。何にしろ1つ確実に言えることは、僕の書くメロディーとSHALの歌声に価値を見出してくれているファンの人達には絶対に満足してもらえる自信がある、ということです。

METALLIAN: インタビューもそろそろ終わりに近づいてきましたが、ここまでで言っておきたいこと、メタリアン読者に伝えたいことはありますか?
TAKESHI: 僕達は絶対に2ndアルバムをリリースしたいと思っています。抗癌剤の副作用や、今後のSHALの体調の変化を予測することは出来ないので、リリースの時期を断言することは出来ませんが、その日が来るのを待っていてもらえると嬉しいです。

METALLIAN: 世界から見てもプレミア級な我らメタリアン・ウェブサイトは周知の事実ですが、あなたもなぜそう思われるのでしょうか?
TAKESHI: それは何と言ってもあなた達の長きに渡るキャリアと膨大な情報量によるものでしょう。今後もあなた達の活躍に期待しています!

METALLIAN: 私達もThe Uncrownedの活躍に期待してます。今のSHALさんに私達からのメッセージとして喜んで貰える様な言葉はありますか?是非その言葉を送らせてください。
TAKESHI: ありがとうございます。言葉が無くてもSHALが元気になっていく過程を見守ってもらえたらそれだけで嬉しいです。彼女は自身のTwitterでしばしば近況を報告するので、もしあなたがTwitterのアカウントを持っているなら彼女をフォローしてみて下さい。

https://twitter.com/shal_uncrowned
ツイートの大半は日本語ですが、今のTwitterには翻訳機能も付いていますからね!そしてついでに僕のアカウントもフォローしてくれたら嬉しいです。(笑)

https://twitter.com/takeshi_guitar_
どうもありがとうございました。

https://uncrownedband.wixsite.com/uncrowned

If you enjoyed this, read Anthem

The Uncrowned